日記

2017年07月09日
●今週のキラプリ
第22話『やめてジュリオ!憎しみのキラキラル!』

猫塚は最初の頃、ジュリオに関しては、もっと難しい悲劇性を想像してましたねぇ。
彼の作ったスイーツで笑顔にしたかった人が、既に亡くなってしまっているとか……。


ジュリオ(ピカリオ)の悲劇は、大好きな姉との気持ちのすれ違いでした。

キラリンは、ピカリオがどうでも良かったワケでは決してありません。
もちろん彼の事は大切に思っていました。
ただ、自分の『夢』へまっすぐ視線を向けて走っていたために、
すぐ隣にいるピカリオの気持ちに気付けなかっただけです。

何気なく発せられた姉の言葉に傷つき、
プリキュアになるという夢を絶望の中に置いてしまったピカリオ。
まあ、基本、性別的に彼はどうやってもプリキュアにはなれないのですが。
(アンラブリーはあくまで例外ですぞ)

技量の凄さ・味覚上の美味しさよりも、もっと大切な物。
そこにキラキラルは宿るというのは、今回のシリーズでは一貫してますね。

それをこなせるからこそ、いちかはプリキュアになれたし、
また、他のメンバーをプリキュアにするコトもできた。
今週、キラピカ姉弟に関しては、いい感じで伏線が張れたので、
来週がんばって感動的に回収してほしい。

※ ※ ※

ジュリオの心に覗いた、彼の本当の想いに気付いたキュアホイップは、
体を張った対話を行う決意をした。

 
「みんな、わたしを支えてっ」

 
「がってん承知!」 「いくぜ、野郎ども!」 「おうっ!」 「やるわよ!」

 
(チュドドドドドドドドッッッッッ)

 
「ほぎゃあーーっっ!? わたしのケツがぁぁぁっっ!」


このシーン、ホイップの尻に飛び道具を食らわせてるようにしか見えんかった。
つか、キャンディロッドからクリームエネルギーぶっ放す必要あったの?
普通に後ろから手でホイップの背中を支えてやればいいんじゃね?
…あ、それだとキュアホイップを盾にしているようにも見えるか。
……むずかしい。


●今週のキラプリ
第20話『憧れまぜまぜ!いちかとシエル!』

シエルが評したところによると、
いちかの作るスイーツの味は「普通」でした。

まあ、スイーツ作りの道に入って、まだ一年未満ですし、
プロとの実力差は大きいです。
……が、いちかのスゴイところは、
食べる相手の心に響く要素を、自分の作るスイーツに乗せられるところです。

今回のお話で言うと、
いちかの作ったパンケーキのモチーフは、
養蜂場の子供が大好きな絵本に出てくるクマです。
子供にとっては、その大好きという気持ちが最高の隠し味になって、
パンケーキ本来の味を上回る美味しさへと昇華しました。
そして、子供が心から美味しいと感じているのを見た両親もまた同じく。

いちかの作るスイーツは、味覚だけでは味わい尽くせないのです。
口の中だけではなく、心でも一緒に味わわなくては。

……それにしても、
今期プリキュアの「伝説のパティシエ」という肩書きに対して、
ガチガチに緊張してしまうシエルはかわいい(笑)
きっと彼女の中では、
プリキュアは、自分なんかでは到底及ばない凄腕職人なんだろう。

来週、自分が憧れている伝説様の正体が、
いちかたちであると知るのでしょうか?
……知った瞬間のシエルの反応が待ち遠しいです(笑)
2017年06月25日



●今週の進撃のアラモード
第19話『天才パティシエ!キラ星シエル!』

しばらくシエルの正体引っぱるのかと思ってたら、アバンで正体バレ。
長老のように、ある程度上位クラスの妖精は、人間(美形)への変身が可能なのか。
――― とすると、
もしかしてペコリンも人間に変身出来るようになったら……
いや駄目だ…。茂じい(辻本茂雄)みたいな女の子の顔しか思い浮かべられない。

今までも思ってたんですが、いちかはリアクションや表情が豊かで、
テレビ見てるお子様は楽しいんじゃないかな。
シエルという格上パティシエに対して、自分の未熟さを怖じるよりも、
まっすぐにキラキラとした気持ちをぶつけられるところも好感。
……まあ、弟子入りのテストは無惨な結果に終わりましたが。

シエルが天才と呼ばれるまでに至った理由、それは『幸せ』へのこだわりでした。
何のためにスイーツを作るのか?
今回のいちかは、シエルの技術だけを追いかけようとしてしまった結果、
テストに落ちてしまいました。
でも、シエルがスイーツ作りで一番大切だと思っているものは、
確かにいちかの心にもある。


 
「さすが天才パティシエ! 今まで食べたスイーツの中で一番美味しかった!」
「でしょ? ふふふ」

 
「それではお会計を ――― 」

 
「ごめんなさいっ! 実はあたしっ、今、無一文なの!」
「ええーーーーっっ!?」

 
「今月末には絶対払いますから、今日のところはツケで……」
「ごめんなさい、警察に通報 ――― 」
「どうか、どうか、それだけはご勘弁を〜〜〜!」

いつも、支払いとかどうなってるんだろうって、気になってしまう。
2017年06月11日
●今週の進撃のアラモード
第18話『 ウワサの主は強敵ビブリー!』

ジュリオはこのまましばらく実家待機でしょうか?
その代わり、根性悪そうな少女幹部・ビブリーが今回から出撃。
電話ボックスからの転送って、『PSYREN -サイレン-』思い出す。惜しい漫画だった。

ジュリオに関して、色々と気になるキラパティの面々。
しかし、情報が少なすぎて手が打てません。
まあ、前回の元気な退場の仕方を見るに大丈夫でしょう。

それよりも、キラパティが経営危機に陥っています。
よからぬ噂によって、客が全然来ないのです。

キラパティのスイーツを食べると、
@恋人と別れる
A友だちと仲が悪くなる
Bギャグがスベる
C黒衣の不審者によって昏睡させられる
……etc。

洗脳レベルの情報操作を拡散させるビブリーの能力、おそるべし。

食べてもらえたら ――― それを突破口に道はひらけますが、
ビブリーのせいで、そこまで(食べてもらえるまで)届かない。

スイーツは食べる物です。
どんなに美味しいスイーツを作れても、
食べてもらえないのなら、作る意味がない。

キラパティの存在理由を攻撃するという、かなり有効な嫌がらせ。

しかし、いちかがヘコんだ分、他の四人が頑張ります。
特にゆかりさん。
親衛隊を使って、キラパティの敵 ――― ビブリーの存在を暴きます。
ホントこの人は、ここぞという場面で頼りになります。

ビブリーに続いて、次回も新キャラ登場。



「かしこまっ!」

扇状に広がる後ろ髪が、ジュリオの髪型そっくり。血縁関係者だろうか?
2017年06月04日
●進撃のアラモード
第17話『最後の実験!変身できないキュアホイップ!』

もし、リオがあのマドレーヌをいちかと一緒に食べていたら……
うーん、どうなってたんだろう?

ジュリオを打ち破ったのち、キュアホイップは彼をクッキー作りに誘います。
敵を斃し、放逐するのではなく、自分たちと繋いで輪を作る ――― 
美味しいものを全員(敵だった者を含む)で囲んで、美味しく食べるということが、
今回のプリキュアのゴールなんでしょうか?

いちかのキラキラルを奪った後、
わざわざ屋根の上に登ってドヤ顔で登場するリオが面白かった。
……登らないと駄目なの?(笑)

 
「キラキラキラルン!」

 
「マカロン・ジュリエンヌ!」

 
「この前のお返しだ!」

 
「おおっ! 二人とも、クリームエネルギーのヨーヨーから切断爪を出す必殺技!」

 
「もしジュリオのほうの必殺技がヒットしたら、
 マカロンの服がビリビリに破れて、おっぱいポロリとかいけるかもっ!!」

 
(ギュギュギュギュギュ……!!)

 
「が…がんばれ、ジュリオ…」(ゾクゾクッ…)

 
 
「よっし! ジュリオの必殺技が打ち勝ったーーッッ!!」

 
 
 
「完璧にヒットしたーっ! これでマカロンの服はビリビリに…」

 
 
 
 
 
「…えっ? マカロンの服、全然破けてねーじゃん」


いちかのキラキラルは消失した。
2017年05月28日
●進撃のアラモード
第16話『キケンな急接近!ゆかりとリオ!』

今回のイメージ風景は、夕暮れ。
リオとの駆け引き、彼に仕掛けた心理戦、そしてゆかり自身の心の物語。


「わたし、茶道が好きなのね」

たとえ茶道を極めたとしても、
ゆかり一人では、この言葉にたどり着けなかったでしょう。

なんとなくコツが分かる = 道筋が見える。
ゆえに、行き着く先が分かってしまう。
しかし、いちかの「キラッと閃いた!」発言は、
ゆかりを予想外のルートへ連れて行きます。

道は一つではありません。
自分一人で最適解の道を選んでもいいし、
その最適解の道のすぐ隣にある道を誰かと一緒に選んでもいい。
最適解以上の答えが、その道で見つかるかもしれない。

キラパティ新企画『海の茶室』が成功を収めたのち、いちかは言います。
「ゆかりさんと一緒だからです」
この言葉は、そのままブーメランとなって、いちかにも返りますね。
「いちかと一緒だから」と、ゆかりも思ってるでしょう。
いちかに出逢えたからこそ、気付けた自分の気持ち。
相性いいな、この二人。

ゆかりは、いちかの裏存在的なリオとも微妙に通じる部分があるようですね。
それゆえに、リオは自分と同じ闇に染まれとゆかりに言いますが、
しかし、ゆかりはリオの言葉を退けます。さすが女帝の器。

キュアマカロンの必殺技、マカロン・ジュリエンヌ。
……つか、ホント必ず『殺す』ための技だな。これ、ガンダムF91のバグじゃねーか。

 
ジュリオをだけを殺すマカロンかよ!

ゆかりの仕掛けた心理戦に見事引っかかり、敗色濃厚となったリオ。
いよいよ、本丸のいちかを狙いにいきます。
予告では実験は成功してるっぽいですが、なんていうのかな、
乾坤一擲を狙ったあげく、見事玉砕しそうな感じである。

戻る
戻る
次へ
次へ