10月28日(土)ロードショー
前売り券発売中

猫塚鶉屋

 (←クリックで移動) 上北先生がツイッターを始められました。

キラキラ☆プリキュアアラモード単行本 第1巻 (特装版&通常版)
発売中すぎてダンケルクで散歩する侵略者が三度目のファイナル・エクスプレス

上北ふたご先生のWEB連載『ひみつのアッコちゃんμ(ミュー)』
第8話公開中(8月25日更新) 
 (←クリックで移動)
(お使いのブラウザによっては、
 ページを開いた後、 しばらくフリーズするかもしれません)

●9月17日 すみません

9月17日は菱川六花の誕生日。
上北センセのイラスト、マジキュンキュンっすわ。


先週の感想ではうまく書けなかったんですけど、
やはり、自分的には、
子供が痛みを堪えた先で浮かべる笑顔というものは肯定できない。
しかし、それに至った彼女の想いは、心から尊重できる。……ですかね。

●今週のプリアラ
第32話『プリキュアン・コヴェナント』

 

フェイスハガーとか…
タイムリーですぞ。タイムリーですぞ。

ビブリー帰還。
個人的には、あの皆で囲んでジリジリ寄りながら「ビブリー」「ビブリー」と
名前を呼ぶ演出がどうにも…。こういうセンス、苦手。

クリスタルアニマルのことを訊ねるため、
苺山の内部へとやってきたキラパティメンバー。
昔のプリキュアさんは既に亡くなっていると思われますが、
自縛霊と化して、ここに留まっている可能性あり。

というワケで、昔のプリキュアを呼んでみたら、
昔はおジャ魔女だった人が来ました。
テメェーじゃねーよ!と怒りを込めて、キュアホイップたちは必殺技を放ちます。
しかし、今回は新玩具のお披露目回。
旧式の玩具から放たれた必殺技なんぞ倒されるはずもなく。

プリキュアたちは新たな玩具をゲットすべく、
ビブリーを道連れに、過去の世界へと飛びます。

過去のいちご坂の町では、
ノワールの策謀によって、人々の心からキラキラルが消え失せていました。
なので、
昔のプリキュア・ルミエルはせっせとスイーツを作り、
人々の心にキラキラルを補充していきます。
キラキラルをもらった人々は、ルミエルの懐にお金(代金)を補充していきます。
もうかりまんなぁ。

この頃のプリキュアは、まだ動物と融合合体するという発想が無かったようですね。
透明な翅で飛行能力を持ち、
手にした巨大ロッドを振るって、ビットのような結晶を自分の周囲に展開していました。

ところで、この人、
ノワールが現れた時に、キラパティメンバーの参戦を断って、
「ノワールが私が倒します!」って一人で突っ込んでいったけど、
この時、いちかたちは教えてやるべきだったんではないだろうか?
「未来でもノワール元気に生きてますよ!」って。
「あなた、全然ノワール倒せてませんよ!」って。

七人で闘えば、未来は大きく変わっていたかもしれない……。

新たな玩具はキラキラルクリーマー。
過去の世界からペコリンがパクってきました。
新たなる必殺技は、幻想動物を召喚して機動力を得て、
敵に包囲陣を敷きながら、金平糖まみれにした上で爆殺。
巻き添えを食らったビブリーは低血糖でダウン。
(※低血糖 糖質の取り過ぎによって血糖値が急速に上昇した時、
 これに驚いたすい臓は、分泌するインスリンの量を上手く調節できず、
 とりあえず過剰気味に増やして対応 → どんっ!と血糖値が急降下。
 体にとって危険なレベルまで血糖値が下がってしまいます


●9月10日 すみません

SSは書けても、古代の歴史の考察とかはなかなか書けない。
使用する用語についても、意味がぼんやりとしか分からないから、
いちいち調べながら書く。時間が足りない。マジヤバイ。SS書くヒマが無くなる。

●今週のプリアラ
第31話『涙はガマン!いちか笑顔の理由!』

時間がないので、あっさり目に書きます。
宇佐美いちかはヒーローである。

プリキュアは世界を救う英雄好漢ではなく、
日常的を大切にする『普通』の女の子である。
しかし、いちかの背中は、少し重い。

誰かを幸せにするためには、自分の幸せを少し削らないといけない。
母が外国へ行くことで救われる者がいる。
それと引き換えに、いちかは『寂しさ』という気持ちを押し殺さなければならない。
永久に会えなくなるワケではないけれど、
会えない時間、ずっと平気なワケじゃない。

母に救われて笑顔を浮かべる者たちは、
『寂しさ』という感情を堪えきれず流した少女の涙を知らない。
しかし、それを受け入れて、笑顔で前に進むことを、いちかは選択する。
『仕方なく選択した』のではなく、
自らが信じる『正しさ』を貫いての選択です。
誰のための正しさかっていうと、まあ、母親やみんな……かな?

母を見送る最中にグレイブを発見するいちか。
彼女は迷わない。

「だから、行ってくる!」
「いってらっしゃい」

この母娘のやり取り、最高にいい。
いちかは母の仕事を本当にカッコいいと思っていると言うが、
皆の笑顔のために体を張れるいちか = キュアホイップも本当にカッコいい。

会えない時間は長いけれど、しかし、いちかは母から本当の愛を注がれている。
今回、ビブリーのシーンが二ヶ所挿入されていますが、
二人が受けている『愛』に関しては、本当に対照的ですね。

来週は、より深く闇に染まったビブリーの最後の出撃。
ビブリー、どうなる? ――― ってオイ予告、バラすな……。


●9月3日 すみません

ブログになかよしのサンプル

●7月2日 すみません

ピクシブに『猫の心は読めません』(琴爪ゆかり×宇佐美いちか)投稿
全年齢向けです。2ページ作品デス。2ページ目のほうは、ちょっとエロいかも?


♀ <注意書き> ♀
当店はプリキュアの18禁の文章を取り扱っております。(CGとかは無いよ)
18歳未満の方は、ゆいちゃんの誘導にしたがって退避してください。
また性行為に及ぶ女の子の同性愛(百合)が苦手な方は
自分で穴掘って、そこに埋まっておれ。

管理人:猫塚鶉

♀ <プロフィール> 

「世に百合の多からんことを」←ブログです
何かありましたら、(↑)こちらをポチッと



更新告知
2017年01月04日 人魚姫の花珠(パール) (海藤みなみ×春野はるか)R-18
エンディング部分を書き直し他、こまごまと小さく修正
2016年10月23日 “ It's Magical Show Time ! ” (十六夜リコ×朝日奈みらい)R-18

コンテンツ
日記
「プリキュア」百合小説 目次
鶉屋通信室
いただきもの
ミントミントLink☆

ふたりはプリキュア リング
<<前   一覧  参加   次>>


※空間が不安定がせいか、PRE RINGに入りづらい模様。
下のアドレス(↓)をコピペって飛んでください。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~MXTV/precure_ring/ering.cgi?no=0
    
  
  
終了イベント
 

管理人・猫塚鶉へのご意見等のメールは(↓)
nekoduka.sakura.ne.jp
※どちらのポストからでも投函OK。
迷惑メール対策のため、お手数ですがprecure@の後に、
二つのポストに挟まれたnekoduka〜を貼り付けてお送りくださいませ。
※なおメールのチェックは完全に忘れてしまうことが多いため、
プロフィール下の通信ボタンの使用を推奨します。


当店へのリンクはご自由にどうぞ(↓バナーです)