プレゼント付き前売り券発売中
猫塚鶉屋


●9月26日 本当に申し訳ありません

今週更新失敗しました。
書こうと思ったやつが書けなくて
今週のまほプリ、
「ドキドキ!初恋の味はイチゴメロンパン!?」 

ラストでタイトル回収しやがった
今回親密になった二人にとって
あのイチゴメロンパンが『初恋の味』になるんですね!

ピクシブに投稿。
リコ×みらいの18禁……ですが、本編無視です。
すみません。
ある日の甘い並木道


●9月19日 すいみません

“ It's Magical Show Time ! ” リコ×朝日奈みらい)

6ページ目後半から
前回の更新の続きです。

今週のまほプリの感想はお休みさせていただきます。
すみません。

●9月18日 すみません

明日更新します。本当に申し訳ありません。
時間が無いのに、『聲の形』を観に行ってきました。
(少年マガジンの読み切り版は読みました.。連載版は未読)

ネタバレなしの簡単な感想ですが、
心地よさに浸れる映画ではありません。

心にグサッとナイフで突き立てられたみたいに痛くて、
それでも、
その痛みに優しく「ありがとう…」と言えるような作品。


それと、
新海監督の『君の名は。』が三週連続観客動員数1位。



「新海監督の努力がようやく報われつつある!」と素直に喜ぶべきなのに
「バ…バカな、ありえん」などと、つい屈折してしまうオレ。
「もっと評価されろーっ!」と、ずっと思ってたクセに、
いざ評価されると、その現実が受け入れられない(笑)
今週(四週目は)どうなってるだろうか。

●9月11日 すみません

●今週のまほプリ
第32話『ワクワクいっぱい!はーちゃんの学校生活!』
(9/12 感想ちょこちょこ書き換え完了)

うん、楽しいとか、ワクワクとか、そういうものが
観てくれている子供たちに伝わってくれたら嬉しい。

23話のラストでは「しばらくウチに泊めてあげたい」という扱いでしたが、
もう今では、はーちゃんにとって朝日奈家は完全にマイホーム。
通学までするようになりました。

『生徒』として学校に行くのが、今回初めてとなるはーちゃん。
楽しくて楽しくて、仕方がありません。
のっけから、サッカー部のランニングを追いかけて走り出しています(笑)

クラスでの自己紹介では、
みらい・リコ・モフルンは「わたしのお母さんで、お姉ちゃん」爆弾投げやがりましたが
担任もクラスメイトも冗談だと思って流してくれます。

観察レポートでは、勝手に描いた花マルについて優しくたしなめられ、
美術の時間では、課題を無視して花畑を描いてしまうが、
先生は呆れつつも、それを『間違い』とは扱わない。とりあえず、課題も描いてね、と。
……。
なんてゆーか、優しい世界です。
メイン視聴者である未就学児童、
すなわち、いずれ小学校という未知の世界へ一歩を踏み出す女の子たちへ、
「怖くないよ、ワクワクだよ、失敗しても、ちゃんと受けとめてくれるよ」
というメッセージなのだろう。
子供たちの想いや行動を、否定ではなく肯定で迎える……というのが
まほプリの持つ温かさです。
この部分がオレは好きなんだ。


今回は、はーちゃんとサッカー部の壮太が、
「めぐり合う奇跡」「つながる魔法」「はぐくまれし幸福(しあわせ)」により
サッカー部を再生させます。

めぐり合う奇跡は、まあ単純に『出会い』ですな。はーちゃんと壮太。
つながる魔法は、サッカー部員団子や、
はーちゃんが高速回転ボールに乗って特攻してくるという異常な光景。
乗るという謎の走法、
……うん、壮太は頭で理解できないものを見せられて、
そのインパクトに心が飲み込まれてしまったんでしょうな。
理解を諦めて「すごい!」と賛美することにより、精神の崩壊を防ぎます。

はぐくまれし幸福は、サッカー部の一致団結。

はーちゃんのおかげで、壮太はワクワクの大切さを知りますが、
じゃあ、ワクワクって何だ?……っていう問題には、すぐに答えが出ました。
男子中学生にとってワクワクとは ――― 可愛い女の子。
可愛い女の子と触れ合える機会に飢えてるんだよ、ガキ共は。

現に、美少女であるはーちゃんと壮太が一緒にサッカーしているのを見て
バックレてた男子部員たちが戻ってきました。
練習がどんなきつくても、もう彼らは逃げ出したりしません。
だって、
サッカーが上手くなる → 美少女とお近づきになれる → ワクワクもんだぁ!

……うっわ、動機が不純すぎます。
こんなもん子供向けのアニメとして放送していいのか(笑)

ピンキーみたいな精霊が登場しますが、
詳しいことが解るのは、まだまだ先になりそうです。


●9月4日 本当にすみません

ブログに今月号のなかよし版まほプリのサンプル

●8月14日

『 見えずともまばゆくて 』
ピクシブに投稿 全年齢向け 
登場キャラは、ことは・みらリコ夫婦・モッフフ〜ン、その他・モブ

第24話で、あんなに部屋にあふれていたビーズが、
第26話では、影も形も無い状態に……
一体何があったのかを想像して書き上げてみました。
<幸せ家族>風味です。


♀ <注意書き> ♀
当店はプリキュアの18禁の文章を取り扱っております。(CGとかは無いよ)
18歳未満の方は、ゆいちゃんの誘導にしたがって退避してください。
また性行為に及ぶ女の子の同性愛(百合)が苦手な方は
自分で穴掘って、そこに埋まっておれ。

管理人:猫塚鶉
♀ <プロフィール> 

「世に百合の多からんことを」←非常時連絡用のブログです
何かありましたら、(↑)こちらをポチッと



更新告知
2016年01月11日 『波打ち際に花咲き乱れ… 』6ページ目
ラスト、貝合わせにて終了
2015年05月10日 映画『プリキュアオールスターズ 輝きのフェスティバル』
1ページ目更新
2016年01月24日 日記にプリプリ49話の感想

コンテンツ
日記
「プリキュア」百合小説 目次
鶉屋通信室
いただきもの
ミントミントLink☆

ふたりはプリキュア リング
<<前   一覧  参加   次>>


※空間が不安定がせいか、PRE RINGに入りづらい模様。
下のアドレス(↓)をコピペって飛んでください。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~MXTV/precure_ring/ering.cgi?no=0
    
  
  
終了イベント
 

管理人・猫塚鶉へのご意見等のメールは(↓)
nekoduka.sakura.ne.jp
※どちらのポストからでも投函OK。
迷惑メール対策のため、お手数ですがprecure@の後に、
二つのポストに挟まれたnekoduka〜を貼り付けてお送りくださいませ。
※なおメールのチェックは完全に忘れてしまうことが多いため、
プロフィール下の通信ボタンの使用を推奨します。


当店へのリンクはご自由にどうぞ(↓バナーです)