キラッと大公開中!!
猫塚鶉屋


 (←クリックで移動)

上北先生がツイッターを始められました。嬉しい。嬉しい。これはきっと特別なことだ。

上北ふたご先生のWEB連載『ひみつのアッコちゃんμ(ミュー)』
毎月第3金曜日更新 第5話更新
 (←クリックで移動)
(お使いのCPUによっては、ページを開いた後、しばらくフリーズするかもしれません)

●4月23日 すみません

おお、上北センセのツイッター、新作絵がバンバン上がってくるな。
二人作業だからこそのペースか。
自分もツイッターを持って感想を送りたいが……
サイトがR18な上にブログもあれだから、フォロワーとやらにはなれぬ身ですぞな(笑)

調べ物のために寺社巡りしたのち、資料漁り。
土曜だけじゃ終わらなくて日曜日も潰れた…。
正直、小説読むのと違って、歴史資料とか、すぐに眠くなって先に進まない。
残りは出雲と播磨の風土記、あと朝鮮の歴史を軽く。……で終わるはず。
個人的には無理にでも終わらせたい。SS書かねばー。

●今週のプリアラ
第12話『敵は…モテモテ転校生!?』

前回で悪の妖精組がリタイヤしたので、ようやく黒幕登場。
髪型がヒメルダっぽいですぞ。
謎のイケメン爽やか転校生「黒樹リオ」として、いちかに接触を図る。

しかし、いちかの反応……、イケメン王子の時とは違いすぎます。
うーん、たぶんイケメン王子は、
見た目や性格以上に、なんか変なフェロモンを出してるんじゃないかな。
犬だけに、肛門腺的な……。
リオくんも肛門のあたりを工夫しないと、いちかは口説けませんぞ。

悪の妖精組、謝罪参上。
ジュリオのせいで、「夢」を叶えるための過程が歪められてしまった 
→ 過程が歪めば、ゴールである「夢」もまた歪む。
とりあえず、謝罪の気持ちを受け取ったいちかたちは、
妖精たちを餌付け……じゃなくて、
ここのシーンは結構重要です。
スイーツを食べる事によって生まれる、皆の笑顔。
スイーツも笑顔も媒介です。
作り手の幸せは、スイーツを通じて、食べた相手へ。
食べた者の幸せは、笑顔を通じて、作り手へ。
こんな風に廻り廻って輪となって、幸せは大きさを増します。

美味しいという喜びの奥にある幸せがキラキラルなんじゃないだろうか。

ならばジュリオの黒いキラキラルの意味は?
幸せが相手に届かない = 隔絶を意味するものか?

ジュリオを見たゆかり様の反応が気になる。
お気に入りの玩具(いちか)を取られた気まぐれな猫みたい。

バトルは5対1で、ジュリオの大物感を出せてたと思う。
そして、それを上回ることで見せた、キュアホイップのさらなる可能性。

さて、前回で手先となる妖精組を失ってしまったジュリオですが、
来週以降どうするんだろう?
毎回自分で闘って、適当なところで退散……というワケにもいかんだろう。
黒キラキラルでモンスターを生み出す方向に移行かな?


●4月9日 すみません

ブログに、先月&今月のなかよしのサンプル

●3月20日 すみません

今回から映画の感想はブログにアップします。
(新しいページ作ってリンク等のこまごまとした設定をするのがダルイので)
というわけで、
『映画プリキュアドリームスターズ!』のネタバレ感想


♀ <注意書き> ♀
当店はプリキュアの18禁の文章を取り扱っております。(CGとかは無いよ)
18歳未満の方は、ゆいちゃんの誘導にしたがって退避してください。
また性行為に及ぶ女の子の同性愛(百合)が苦手な方は
自分で穴掘って、そこに埋まっておれ。

管理人:猫塚鶉

♀ <プロフィール> 

「世に百合の多からんことを」←非常時連絡用のブログです
何かありましたら、(↑)こちらをポチッと



更新告知
2017年01月04日 人魚姫の花珠(パール) (海藤みなみ×春野はるか)R-18
エンディング部分を書き直し他、こまごまと小さく修正
2016年10月23日 “ It's Magical Show Time ! ” (十六夜リコ×朝日奈みらい)R-18

コンテンツ
日記
「プリキュア」百合小説 目次
鶉屋通信室
いただきもの
ミントミントLink☆

ふたりはプリキュア リング
<<前   一覧  参加   次>>


※空間が不安定がせいか、PRE RINGに入りづらい模様。
下のアドレス(↓)をコピペって飛んでください。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~MXTV/precure_ring/ering.cgi?no=0
    
  
  
終了イベント
 

管理人・猫塚鶉へのご意見等のメールは(↓)
nekoduka.sakura.ne.jp
※どちらのポストからでも投函OK。
迷惑メール対策のため、お手数ですがprecure@の後に、
二つのポストに挟まれたnekoduka〜を貼り付けてお送りくださいませ。
※なおメールのチェックは完全に忘れてしまうことが多いため、
プロフィール下の通信ボタンの使用を推奨します。


当店へのリンクはご自由にどうぞ(↓バナーです)